祖国(読み)そこく

精選版 日本国語大辞典「祖国」の解説

そ‐こく【祖国】

〘名〙
① 祖先から自分に至るまでずっと住んできた国。自分の生まれた国。また、外国にあって自分の国をさしていう。
※雑嚢(1914)〈桜井忠温〉一「祖国(ソコク)の為めに一大決戦を試むるの日は必ずや近きにあらう」 〔王圻‐続文献通考〕
② 諸民族の分かれ出たもとの国。また、思想的によりどころとする国をいう。
※志都の岩屋講本(1811)上「是れ等を以て我が国は万国の祖国。我が大君は、即万国の大君に大坐ますことを弁へ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「祖国」の解説

そ‐こく【祖国】

祖先からずっと住んできた国。自分の生まれた国。母国。「祖国を離れる」「祖国愛」
民族が分かれ出たもとの国。
母国[用法]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android