コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボリバル山 ボリバルさんCerro Bolívar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボリバル山
ボリバルさん
Cerro Bolívar

ベネズエラ南東部,ボリバル州北部にある山。 1947年に発見された鉄鉱山で,州都シウダードボリバルの南約 80km,ギアナ高地北部の草原に位置する。長さ約 6.5km,幅約 1.2km,標高 802m。 20世紀に発見された最も重要な鉱山の一つで,赤鉄鉱褐鉄鉱を中心に一部磁鉄鉱を含む高品位の鉄鉱石2億 5000万t以上を埋蔵すると推定され,鉄含有量平均 63%。露天掘りで採掘された鉄鉱石は,北東約 150km,オリノコ川カロニ川の合流点に位置するシウダードグアヤナの河港プエルトオルダスまで鉄道で運ばれたのち,外洋船に積替えられ,年間数百万tがアメリカ合衆国,ヨーロッパ,日本などへ輸出されている。なお開発は当初から合衆国系企業により進められてきたが,75年国有化された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ボリバル山の関連キーワードメリダ山脈メリダ州

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android