コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤鉄鉱 せきてっこう hematite

翻訳|hematite

6件 の用語解説(赤鉄鉱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤鉄鉱
せきてっこう
hematite

Fe2O3 。鏡鉄鉱ともいう。六方晶系菱面体晶族の鉱物。結晶は,底面の発達した六角板状,鱗片状をなし,土状の集合体としても産する。硬度5~6,比重 5.26。結晶は金属光沢。鋼黒色,条痕は赤色。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せき‐てっこう〔‐テツクワウ〕【赤鉄鉱】

の酸化物からなる鉱物。結晶質のものは灰黒色、塊状で産出するものは赤色。三方晶系。最も重要な鉄の鉱石。ヘマタイト

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

赤鉄鉱【せきてっこう】

重要な鉄の鉱石鉱物。組成はFe2O3で,通常少量のチタンを含む。三方晶系。六角板状・鱗片状の結晶または塊状で産する。塊はふつう赤色だが,青みを帯びた鋼色で金属光沢をもつものは鏡鉄鉱と呼ばれる。
→関連項目鉄鉱石

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せきてっこう【赤鉄鉱 hematite】

磁鉄鉱とともに鉄の重要な鉱石鉱物。化学組成Fe2O3。六方晶系。板状,菱面体,塊状,柱状,腎臓状,鍾乳石状のもの,また土状のものもある。扁平な板状結晶は金属光沢が強く,はがね色を呈し,鏡鉄鉱と呼ばれる。粉状のものは赤褐色土状。モース硬度5~6,比重5.26。条痕は赤色ないし赤褐色。赤鉄鉱の主要な産状は次の通りである。(1)アメリカスペリオル湖地域やアパラチア山脈などに発達する大規模な赤鉄鉱鉱層は堆積鉱床で,含水鉄酸化物,鉄炭酸塩,磁鉄鉱,鉄ケイ酸塩などを伴う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せきてっこう【赤鉄鉱】

鉄の酸化物からなる鉱物。六方晶系。結晶したものでは青鉄黒色、塊状のものでは赤ないし暗赤色を示す。堆積岩・変成岩・熱水鉱床中などに産し、鉄の重要な鉱石鉱物。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤鉄鉱
せきてっこう
hematite

鉄の鉱石鉱物の一つ。磁赤鉄鉱とは同質異像関係にある。堆積(たいせき)岩、あるいはその変成産物として産し、巨大な鉱床を形成するほか、接触交代鉱床(スカルン型鉱床)、各種熱水鉱床、鉱床酸化帯、ある種の火山岩、低変成度の広域変成岩、花崗(かこう)岩質ペグマタイトやチャートの着色成分として産する。自形は六角板状あるいは短柱状である。堆積岩中では、腎臓(じんぞう)状あるいは魚卵状集合をつくる。日本では、岩手県和賀仙人(せんにん)鉱山、新潟県新発田(しばた)市赤谷(あかたに)鉱山などで鉱石として採掘された。英名は、ギリシア語で血赤色を意味するヘマチチスにちなむ。これはその条痕(じょうこん)が赤色であることによる。なお、結晶面のよく発達したものを鏡鉄鉱、底面に平行な裂開が発達したものを雲母(うんも)鉄鉱ということがある。また、これらをまとめて輝鉄鉱とよんだこともある。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の赤鉄鉱の言及

【鉄鉱石】より

…通常は高炉内に投入して酸化鉄に結合している酸素とその他の脈石分を取り除き,鉄分を溶けた状態の銑鉄として取り出し鋼の原料とする。鉄鉱石を鉱物学の観点から分類すると多種類にのぼるが,製鉄原料として用いられる天然鉱物は赤鉄鉱(ヘマタイト,α‐Fe2O3),磁鉄鉱(マグネタイト,Fe3O4),磁赤鉄鉱(マグヘマイト,γ‐Fe2O3),褐鉄鉱(リモナイト,Fe2O3nH2O,n=0.5~4)に代表される。とくに赤鉄鉱の産出量が全世界的にみて圧倒的に多く,日本への輸入鉄鉱石の中でもその約80%を占めている。…

※「赤鉄鉱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

赤鉄鉱の関連キーワード輝銅鉱クロム鉄鉱磁鉄鉱トロイライト鉱石鉱物鉄鉱鉄重石イタビライトスズ鉱物(錫鉱物)セン亜鉛鉱(閃亜鉛鉱)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤鉄鉱の関連情報