シウダードグアヤナ(英語表記)Ciudad Guayana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シウダードグアヤナ
Ciudad Guayana

旧称サントトメデグアヤナ Santo Tomé de Guayana。ベネズエラ南東部,ボリバル州北東部の都市。州都シウダードボリバルの東北東約 100km,ギアナ (スペイン語でグアヤナ) 高地北部にあり,カロニ川オリノコ川に合流する地点に位置する。 1961年,カロニ川西岸のプエルトオルダス,マタンサス,東岸のサンフェリクス,パルア,カスティリトなどを合併して計画的につくられた新興工業都市。グアヤナ開発ベネズエラ公社の管理下に,住宅,レクリエーション,商業,工業の各地区が設置され,将来は半径 160kmの大工業地帯とする計画で,人口も 100万人に達することが見込まれている。プエルトオルダスは 47年アメリカ合衆国系のオリノコ鉱業会社 (現在国有化) によりボリバル山の鉄鉱石の積出港として建設され,パルアも南のエルパオ鉄鉱山の積出港として 54年同社が建設。プエルトオルダスの西のマタンサスにはマカグア水力発電所の電力を利用して銑鋼一貫生産を行うオリノコ製鉄所と,グリ水力発電所の電力によるカロニ・アルミニウム精錬所が建設されている。市にはその他,耐火煉瓦,パルプ・製紙などの工場も立地。付近にダイヤモンド鉱山もある。ボリバル山とエルパオへ鉱石運搬用の鉄道が延びるほか,シウダードボリバルを経てオリノコ川北岸の諸都市と道路で結ばれる。プエルトオルダスに空港がある。人口 53万 6506 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android