コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カロニ川 カロニがわRío Caroní

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カロニ川
カロニがわ
Río Caroní

ベネズエラ南東部を流れる川。オリノコ川の右岸支流。ギアナ高地中部,ベネズエラ,ブラジル,ガイアナ3国の国境が交わる地点に位置するロライマ山斜面に源を発し,西流したのち北へ流れを変え,鉱物資源に富むギアナ高地を貫流,シウダードグアヤナの河港サンフェリクスでオリノコ川下流部に注ぐ。全長約 690km。下流部は航行可能であるが,オリノコ川への流入点付近には急流部があって航行を妨げている。包蔵水力がきわめて大きく,下流部にマカグア,グリ両発電所が建設されている。右岸支流チュルン川にかかるエンジェル滝は,世界最大の落差 (979m) をもつ滝として知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カロニ川の関連キーワードシウダード・グアヤナシウダー・グアヤナプエルトオルダスシウダーグアヤナロライマ[山]マカグアダムボリバル山ボリバル州アンヘル滝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android