ボロネツ修道院(読み)ボロネツシュウドウイン

デジタル大辞泉「ボロネツ修道院」の解説

ボロネツ‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【ボロネツ修道院】

Mănăstirea Voroneţ》ルーマニア北東部の村ボロネツにある修道院。15世紀末、モルドバ公国のシュテファン大公により建造外壁には16世紀半ばに描かれた「最後の審判」をはじめ、基調とした色鮮やかなフレスコ画が残っており、ブコビナ地方南部を代表する五つの修道院の一つに数えられる。1993年に「モルドバ地方の教会群」の一つとして世界遺産文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android