コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーイング737 ぼーいんぐ737/ぼーいんぐななさんなな/ぼーいんぐななひゃくさんじゅうなな Boeing 737 passenger transport

1件 の用語解説(ボーイング737の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ボーイング737

1通路客席の中・短距離路線用ジェット旅客機のベストセラー。最初のシリーズ-100/200型は1967年に型式証明を取得したが、その後、大直径ファンエンジン化、主翼の近代化と、2回にわたって大幅な設計変更を行い、2007年までの受注数約6000機に達している。現在生産されているのが、NG(次世代)型とも呼ばれている、1997年に型式証明を取得した-700のシリーズ。600/700/800/900がある。

(鳥養鶴雄 元日本航空機開発協会常務理事 技術士(航空機部門) / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボーイング737の関連キーワードジェットジェット気流国産小型ジェット旅客機開発計画ジェット機ジェットラグ短距離バジェット旅客機ガジェットエンジンジェットルート

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボーイング737の関連情報