ボーデ美術館(読み)ボーデびじゅつかん(英語表記)Bode Museum, Berlin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルリン国立美術館に属する美術館の一つ。 1904年カイザー・フリードリヒ美術館として開館。第2次世界大戦後の国立美術館改組の際,1905~20年にベルリン美術館総長をつとめた美術史家ウィルヘルム・フォン・ボーデにちなんで現名称に変更し,53年に再開館した。ネオ・バロック様式の建物はエルンスト・フォン・イーネの設計。シュプレー川に浮ぶ「博物館の島」にペルガモン美術館などとともにあり,パピルス古文書コレクション (1823設立) ,絵画館 (30) ,版画・素描コレクション (30) ,貨幣室 (60) ,初期キリスト教・ビザンチン美術コレクション (1904) ,彫刻コレクション (04) ,エジプト美術館 (1823) の各部門から成る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボーデ美術館の関連情報