コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーナン(保安)族 ボーナンぞくBaoan; Paoan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボーナン(保安)族
ボーナンぞく
Baoan; Paoan

中国,甘粛省臨夏西部の大河家地方に住む少数民族。人口約1万 2200 (1990) 。清代に保安三庄から移住してきたためこの名がある。言語はアルタイ諸語に属するが,漢字も使用する。元来生業は遊牧であったが,現在は灌漑農地でのサンショウ,リンゴ,クルミなどの栽培,および炭焼きなどに従事している。また「保安刀」と呼ばれる,銅や牛骨を用いた刀の製造で知られる。イスラム教を信仰する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android