コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーヌのワイン市場 ボーヌのワインしじょう

1件 の用語解説(ボーヌのワイン市場の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ボーヌのワインしじょう【ボーヌのワイン市場】

フランス東部、ブルゴーニュ地方の都市ボーヌ(Beaune)の中心部にあるワイン市場。鉄道のボーヌ駅から約500mの場所にある。ブルゴーニュ地方の中心都市ディジョン(Dijon)の南30kmに位置するボーヌは、「黄金の丘陵(きゅうりょう)」といわれるブルゴーニュワイン生産の中心地で、ローマ時代からワインの生産が行われてきた歴史を持つ。このワイン市場は、13~15世紀に建てられたコルドリエ教会(Eglise des Cordeliers)の元建物の一角にあるワイン貯蔵庫である。この教会はフランス革命の渦中の1792年に閉鎖され、1803年に大きく破壊されたが、1971年に修復工事が行われてワイン市場として甦った。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボーヌのワイン市場の関連キーワードボーヌシャブリブルゴーニュ大公宮殿ラ岬コックオバンブルゴーニュワインバセー・フォーブ・ド・ブルターニュブルゴーニュ公国ブールギニョンブルゴーニュ風

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone