コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポアソンの小数の法則 ポアソンのしょうすうのほうそくPoisson’s law of small numbers

世界大百科事典 第2版の解説

ポアソンのしょうすうのほうそく【ポアソンの小数の法則 Poisson’s law of small numbers】

小さな確率で変化する独立試行列の和の分布がポアソン分布に収束することを一般的に述べた法則である。典型的な形はS.D.ポアソン自身によって発見された次の場合である。Xnk(k=1,2,……,n)が互いに独立でパラメーターλ/nの二項分布に従うならば,和SnXn1Xn2+……+Xnnn→∞とするときパラメーターλのポアソン分布に収束する。より一般の場合にも,和Snを構成する各Xn1,Xn2,……,Xnnに対して値0,1以外を取る確率のkについての和が小さくかつ1を取る確率の和がλに近いという仮定と若干の付加条件を置くと同じ結果が成立する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ポアソンの小数の法則の関連キーワードパラメーター