コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポスト京都議定書 ポストキョウトギテイショ

デジタル大辞泉の解説

ポスト‐きょうとぎていしょ〔‐キヤウトギテイシヨ〕【ポスト京都議定書】

平成9年(1997)の京都議定書で定められた、温室効果ガスCO2メタン亜酸化窒素フロン類3種)削減の第一約束期間(2008年~2012年)以降の枠組み、および関連する諸問題のこと。第一約束期間の少なくとも終了7年前に検討を開始することが定められており、第二約束期間における先進国の行動基準と目標設定、および温室効果ガス削減義務のない途上国の枠組み設定などが主要な論点となっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ポスト京都議定書

先進国に温室効果ガスの排出量削減義務を課した京都議定書の約束期間の終了後、2013年以降の枠組み。議定書は08〜12年に先進国全体で90年比5%削減を求めているが、米国が離脱したほか、中国やインドなどの新興経済国にも義務がなく、削減義務の対象は全排出量の3割程度にとどまる。

(2007-09-22 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android