ポモリエ(英語表記)Pomorie/Поморие

デジタル大辞泉の解説

ポモリエ(Pomorie/Поморие)

ブルガリア東部、黒海に面する町。ブルガス北東約20キロメートルに位置する。古代ギリシャの植民地アンヒアロス起源する。紀元前1世紀に古代ローマの支配下になり、要塞化が進められ、海上交易の拠点として栄えた。トラキア人墳墓、民族復興期の木造建築などが残るほか、海岸保養地として知られる。ワインの生産が盛ん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のポモリエの言及

【ブルガリア】より

…その後この地に住んだトラキア人によって,黒海沿岸にオデッソス(現バルナ)やメセンブリア(現ネセバル)ほかのギリシア植民都市が建設され,現在失われてしまった古代ギリシアの壁画を彷彿とさせるカザンラクKazanlâkの墳墓の天井画(前300ころ)や,パナギュリシテPanagjurište出土の金工品(前3世紀)など,当時の一級品が見られる。46年以降,トラキアとモエシアとしてローマ帝国の属州となり,セルディカ(現ソフィア)など新たにローマ都市が建設されたが,ローマ時代末期のポモリエPomorieの墳墓などは,ローマの建築技術によりつつもトラキア人の伝統に従っている。ビザンティン時代は首都コンスタンティノープルの後背地として,とくにユスティニアヌス帝によって各地に数多くの軍事施設が建設された。…

※「ポモリエ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android