ポリエーテルエーテルケトン(読み)ぽりえーてるえーてるけとん

  • poly(ether ether ketone)
  • polyetheretherketone

化学辞典 第2版の解説

略称PEEK.ヒドロキノンと4,4′-ジフルオロベンゾフェノンから得られる芳香族系高分子.高温下での芳香族求核置換反応により合成される.高耐熱性,低吸水性,耐薬品性,耐熱水性,耐放射線性にすぐれる.電気絶縁用耐熱性フィルム,フレキシブルプリント基板,電気・電子用,自動車用,航空・宇宙用の部品類などに用いられている.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のポリエーテルエーテルケトンの言及

【ポリエーテル】より

…耐熱性がよく(熱変形温度170℃),スチレンに配合して,変性PPOとして用いられる。同様に耐熱性のよい,ポリエーテルスルホン(PES),ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)なども開発されている。ポリスルホンも分子内にエーテル結合を有する高分子である。…

※「ポリエーテルエーテルケトン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android