ポルフィリオ ロボ(英語表記)Porfirio Lobo

現代外国人名録2012の解説

ポルフィリオ ロボ
Porfirio Lobo


国籍
ホンジュラス

専門
政治家

肩書
ホンジュラス大統領

本名
Porfirio〉 ポルフィリオ〈Lobo Sosa ロボ・ソサ

別名
Pepe 別名=Lobo

生年月日
1947/12/22

出生地
ホンジュラス トルヒジョ

学歴
マイアミ大学(米国)〔1970年〕卒;ルムンバ大学(ソ連)〔1973年〕

経歴
ホンジュラス東部オランチョ県で牧畜業を営む大地主で、1970年米国のマイアミ大学で経営学を学んだ後、’72〜73年ソ連のルムンバ大学で農学を専攻。’90〜98年ホンジュラス国会議員となり、2002〜2006年国会議長。2005年大統領選で自由党のホセ・マヌエル・セラヤに敗れる。2009年クーデターによりセラヤ大統領が追放され、野党の暫定政権が誕生したが、国際社会から非難を浴び、外交関係、経済援助を断たれて孤立。11月の大統領選で自由党のエルビン・サントスを破り当選、2010年1月就任。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android