孤立(読み)こりつ

精選版 日本国語大辞典「孤立」の解説

こ‐りつ【孤立】

〘名〙
① 他から離れて一つだけ立っていること。また、仲間がいなく一人ぼっちなこと。他の助けがなくただ一人でいること。
菅家文草(900頃)三・舟行五事「松全孤立性、磯絶四方蹤
文明論概略(1875)〈福沢諭吉〉四「封建武人は日に権威を落して其依るを失ひ、上下中間て孤立するものの如し」 〔史記‐秦始皇本紀〕
② 対立するもののないこと。対応するものがないこと。主として、「孤立義務」などと法律上の語として用いられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「孤立」の解説

こ‐りつ【孤立】

[名](スル)
一つまたは一人だけ他から離れて、つながりや助けのないこと。「敵に包囲されて孤立する」「孤立無援
対立するものがないこと。「孤立義務」
[類語](1一人単独単身一つ孤独独りぼっち紅一点人っ子一人一人天下孤高/(2確執対立鼎立

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android