コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポンポン蒸気 ポンポンじょうき

1件 の用語解説(ポンポン蒸気の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ポンポン蒸気【ポンポンじょうき】

焼玉機関を備えた小型船の俗称。機関の爆発音と排気の噴出状態から,こう呼ばれた。一般に喫水が深く,強力で,港内,河川の通船,引船などに使用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ポンポン蒸気の関連キーワードオットーモーターボート焼玉機関貴院機関士動力車爆音焼玉焼玉エンジン政府系金融機関の改革

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポンポン蒸気の関連情報