通船(読み)ツウセン

大辞林 第三版の解説

つうせん【通船】

( 名 ) スル
船が通航すること。また、その船。 「船をもつて江都えどに-し/二宮尊徳 露伴
船を通過させること。 「 -料」 「 -手形」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かよい‐ぶね かよひ‥【通船】

〘名〙 河川、港湾などで適宜連絡に用いる小船。特に定まった船型はなく、江戸時代の大坂では商家が市中川筋往来に使用するために所有する小型のひらた船をいい、運賃を取って客貨を運送することを禁じられていた。かよいせん。
※狂歌・銀葉夷歌集(1679)二「凉風に暑さをふいと吹やれば夏にも秋のかよひ船哉」 〔和漢船用集(1766)〕

つう‐せん【通船】

〘名〙 航路・河川・関所などを船が通航すること。また、その船。
※御触書宝暦集成‐二九・延享四年(1747)三月「浦賀船積通船之儀、享保五年申渡、通船相止候品共も有之候処」
※二宮尊徳翁(1891)〈幸田露伴〉「さて汝はかねて船をもって江都に通船(ツウセン)し運賃を取れるよしなれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通船の関連情報