コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイクロドライブ まいくろどらいぶ

パソコンで困ったときに開く本の解説

マイクロドライブ

 日本IBMが開発した、CFカードサイズの小さなハードディスクのことです。

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マイクロドライブ(microdrive)

コンパクトフラッシュと同じ大きさの超小型ハードディスク。米国IBM社が開発。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

マイクロドライブ

 Micro Drive。米国IBM社が開発した コンパクトフラッシュカード サイズ(Type II )の超小型 ハードディスク 。記録容量は170MBと340MBの2種類から始まって、2007(平成19)年末時点では6GBまである。大容量であることから高画素タイプのデジタル一眼レフカメラに使用されることが多い。ただし、落下などのショックに弱いことが弱点とされ、最近では16GBまでの大容量が安価に提供されるようになった コンパクトフラッシュカード に取って代わられつつある。

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

マイクロドライブの関連キーワードフラッシュメモリー記録メディア

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android