落下(読み)おちくだる

精選版 日本国語大辞典「落下」の解説

おち‐くだ・る【落下】

〘自ラ四〙
① 逃げのびる。
※平家(13C前)三「東国の方へ落くだり〈略〉前兵衛佐頼朝をたのまばやとは思へ共」
② 高所から降りてくる。落下する。
今昔(1120頃か)一七「即ち、盛孝、大なる穴に入て、頭を逆さまに堕下る」
③ 悪くなって価値がさがる。堕落する。おちぶれる。
※愚管抄(1220)七「すべて世のうつりゆくさまのひが事が道理にて、わろき寸法の世々をちくだる時どきの道理なり」

らっ‐か ラク‥【落下】

〙 落ちくだること。落ちること。
※牙氏初学須知(1875)〈田中耕造訳〉五中「は〈略〉先づ其獣の居る所の上を環状に翔舞し、急に落下して之を握捉す」

おち‐さが・る【落下】

〘自ラ四〙 垂れ下がった状態になる。下に向かって進んでくる。
※今昔(1120頃か)二六「利仁、馬の腹に落下て、狐の尻の足を取て引上つ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「落下」の解説

らっ‐か〔ラク‐〕【落下】

[名](スル)高い所から落ちること。「看板が道路に落下した」
[類語]転落墜落落ちる落ち込む陥る落っこちる下がる沈む下降する降下する沈下する低下する低落する下落する落馬する落輪する脱輪する失墜する滑落する崩落する滑り落ちる転げ落ちる崩れ落ちる零れ落ちる零れる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android