落下(読み)おちくだる

精選版 日本国語大辞典の解説

おち‐くだ・る【落下】

〘自ラ四〙
① 逃げのびる。
※平家(13C前)三「東国の方へ落くだり〈略〉前兵衛佐頼朝をたのまばやとは思へ共」
② 高所から降りてくる。落下する。
※今昔(1120頃か)一七「即ち、盛孝、大なる穴に入て、頭を逆さまに堕下る」
③ 悪くなって価値がさがる。堕落する。おちぶれる。
※愚管抄(1220)七「すべて世のうつりゆくさまのひが事が道理にて、わろき寸法の世々をちくだる時どきの道理なり」

らっ‐か ラク‥【落下】

〘名〙 落ちくだること。落ちること。
※牙氏初学須知(1875)〈田中耕造訳〉五中「鷲は〈略〉先づ其獣の居る所の上を環状に翔舞し、急に落下して之を握捉す」

おち‐さが・る【落下】

〘自ラ四〙 垂れ下がった状態になる。下に向かって進んでくる。
※今昔(1120頃か)二六「利仁、馬の腹に落下て、狐の尻の足を取て引上つ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

らっ‐か〔ラク‐〕【落下】

[名](スル)高い所から落ちること。「看板が道路に落下した」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android