コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイクロプロセッサ microprocessor

翻訳|microprocessor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイクロプロセッサ
microprocessor

大規模集積回路技術により,デジタルコンピュータの中央処理装置を1チップあるいは数チップの半導体回路で実現したもの。 MPU(micro processing unit)ともいう。 1971年にアメリカのインテル社により4ビットのものが電卓用素子として初めてつくられた。半導体としてはシリコン系の MOSが主である。現在,語長が4,8,16および 32ビットのものがある。マイクロコンピュータの中央処理装置 (CPU) となるほか,各種の機器の制御素子,情報処理素子として使われている。これを「マイコン」と略称することもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マイクロプロセッサの関連キーワードファミリーコンピュータマイクロコンピューター超並列コンピューターデュアルプロセッサーポール・オッテリーニInterfaceマルチプロセッサーワークステーションアイさんはちろく第3世代ロボットアイよんはちろくエックスはちろく組み込みシステム超小型処理装置ロジックICペンティアムMSNexGenICカードCyrix

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マイクロプロセッサの関連情報