コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイホーム借上げ制度 まいほーむかりあげせいど

1件 の用語解説(マイホーム借上げ制度の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

マイホーム借上げ制度

原則50歳以上の人が保有する住宅を、最長終身で借り上げて転貸し、安定した賃料収入を保証する、一般社団法人 移住・住みかえ支援機構(略称JTI、2006年設立)による制度。貸し手(オーナー)は賃借人と直接関わる必要がなく、もし空室が発生しても規定の最低賃料(査定賃料下限の85%ほど)が終身までJTIより支払われる。また、3年ごとの定期借家契約終了時には、家に戻ることも家を売ることもできる。借り手側である子育て中の若年層などにとっては、広い一戸建ての家を一般料金より安く借りられるなどの利点がある。

(2014-7-15)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マイホーム借上げ制度の関連キーワード外貨保有高住宅ローン債権信託就業率パワービルダー日本の高齢社会へのスピード公共住宅シニアサッカー韓国の介護保険制度兵庫県住宅再建共済制度50町歩以上ノ耕地ヲ所有スル大地主

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マイホーム借上げ制度の関連情報