終身(読み)シュウシン

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 命を終えるまでの間。生命のあるうち。生涯。一生。終生。
※続日本紀‐大宝元年(701)八月丁未「復其戸終身、百姓三年
※史記抄(1477)一二「其智略は人にすぎたれども、終身の計がないぞ」 〔春秋左伝‐襄公二七年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

終身の関連情報