終身(読み)しゅうしん

精選版 日本国語大辞典「終身」の解説

しゅう‐しん【終身】

〘名〙 命を終えるまでの間。生命のあるうち。生涯。一生。終生
※続日本紀‐大宝元年(701)八月丁未「復其戸終身、百姓三年
※史記抄(1477)一二「其智略は人にすぎたれども、終身の計がないぞ」 〔春秋左伝‐襄公二七年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「終身」の解説

【終身】しゆうしん

一生涯。〔礼記、檀弓上〕は三年以て極と爲すも、(葬)すれば則ち之れをれず。君子身の憂ひるも、一の患(うれ)ひ無し。故に忌日には樂(がく)せず。

字通「終」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android