コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マウルベルチュ Franz Anton Maulbertsch

世界大百科事典 第2版の解説

マウルベルチュ【Franz Anton Maulbertsch】

1724‐96
オーストリアの画家。マウペルチュF.A.Maupertschともいう。ボーデン湖畔ランゲンアルゲンLangenargenに生まれ,ウィーンのアカデミーで学ぶ。オーストリアとハンガリー各地の教会や修道院のため多数のフレスコ装飾と祭壇画を制作した。オーストリア・ロココ絵画の代表的存在。大胆な筆致,あざやかな色彩,強い明暗対比によって〈殉教〉や〈法悦〉の主題を表出性・幻想性豊かに描き出すその芸術的個性は,とくに大作のための下絵に顕著に現れている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マウルベルチュの関連キーワード6月7日

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android