マウルベルチュ(英語表記)Franz Anton Maulbertsch

世界大百科事典 第2版の解説

マウルベルチュ【Franz Anton Maulbertsch】

1724‐96
オーストリアの画家。マウペルチュF.A.Maupertschともいう。ボーデン湖畔ランゲンアルゲンLangenargenに生まれ,ウィーンのアカデミーで学ぶ。オーストリアとハンガリー各地の教会や修道院のため多数のフレスコ装飾と祭壇画を制作した。オーストリア・ロココ絵画の代表的存在。大胆な筆致,あざやかな色彩,強い明暗対比によって〈殉教〉や〈法悦〉の主題を表出性・幻想性豊かに描き出すその芸術的個性は,とくに大作のための下絵に顕著に現れている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android