コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マグヌス[1世] Magnus I

世界大百科事典 第2版の解説

マグヌス[1世]【Magnus I】

ノルウェー王(在位1035‐47),デンマーク王(在位1042‐47)。オーラブ2世の息子。スボルの海戦における父の敗死後ロシアに亡命。クヌット2世の支配に反対するノルウェー豪族に迎えられ帰国,王となる。デンマーク王ハルデクヌットとの協定により,その死後デンマーク王ともなる。はじめ豪族を迫害するが,のち法を定めてこれに従い善王と呼ばれる。この法(グラーガースGrágás)はノルウェー最古の書かれた法であるが,伝承されていない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

マグヌス[1世]の関連キーワードクヌートクヌット[2世]クヌートハロルド1世ウィリアム(1世)人工林日本の森林商業捕鯨と調査捕鯨選子内親王イスパルタ