マシャーブルム(英語表記)Masherbrum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マシャーブルム
Masherbrum

パキスタン北東部,カラコルム山系に属する高峰。東峰 (7821m) と西峰 (7806m) から成る。 K2の南西方,フーシェ谷の奥に位置し,雄大な山容をショーク川沿いのハルディ村から遠望できる。ハルディ村の人々によれば,山名は「黒い山」という意味らしい。この山に最初に挑んだのは 1938年 J.ウォーラー率いるイギリス隊であったが,7620m地点で退却している。 60年アメリカの物理学者 G.ベルを隊長とするアメリカ=パキスタン合同隊によって初登頂された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android