コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マナイズム manaism

デジタル大辞泉の解説

マナイズム(manaism)

マナという超自然的呪力(じゅりょく)の観念を基礎とする未開宗教の形態。→マナ(mana)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のマナイズムの言及

【アニマティズム】より

…アニミズムが万物に宿り,しかも宿ったものから独立して存在しうる霊魂や精霊に関する観念・信念を意味するのにたいして,アニマティズムは万物を〈生きている〉ととらえる活力・生命力についての観念・信念を指す。プレアニミズム,マナイズム,バイタリズムとも呼ばれる。アニマティズム説を唱えたのはE.B.タイラーの弟子マレットR.R.Marettである。…

※「マナイズム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マナイズムの関連キーワードアニマティズムプレアニミズムコドリントン自然崇拝原始宗教マナ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android