コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呪力 ジュリョク

3件 の用語解説(呪力の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゅ‐りょく【呪力】

まじない、またはのろいの力。呪術の基礎をなす超自然的・非人格的な力。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じゅりょく【呪力】

まじない、またはのろいの力。
特定の人・物・現象などにやどると信じられている超自然的な力。 → マナ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呪力
じゅりょく

物理的な力ではない、神秘的、超自然的、非人格的な力のこと。典型的なものとしてメラネシアにマナの観念がある。マナは、人間、霊魂、動物、植物、石などいかなるものにも宿ることができ、善悪いずれにも働くことができるが、これを所有すれば益を得ることができる超自然的な力である。同様な観念はアフリカの諸民族、ポリネシアインドネシアなどにもみられる。北アメリカ先住民アルゴンキン系諸族のマニトウも呪力を意味する類似のことばである。このような呪力はタブーと密接な関係があり、そのような呪力を畏怖(いふ)し敬遠する人間の側の態度がタブーとなる。穢(けがれ)の観念も呪力と関係し、たとえば女性の月経血を穢とするのは、月経血に危険な呪力が備わっていると考えるからである。人間が呪力をもつという信仰も広くみられ、学習によって呪力を獲得し意図的にまじないを行ってその力を行使する邪術(じゃじゅつ)信仰と、先天的にもっている呪力が本人の意志とは無関係に他人に作用し災いを与えるという妖術(ようじゅつ)信仰がある。呪力の観念はアニミズムより原初的であるとするマナイズム、アニマティズムなどの理論があるが、このような宗教起源論的なとらえ方は今日では批判も受けている。しかし呪力の観念は、宗教、信仰の基盤をなすものの一つであるといえる。[板橋作美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の呪力の言及

【呪術】より

…他方,呪文より呪具が重要視される社会もあり,たとえばアフリカのアザンデ族では呪文も使われるが,その場その場で少し変えることもでき,呪文よりむしろ木製の呪具のほうが重要である。 呪術に対する信仰は呪力に対する信仰と密接に結びついている。特定の物や人間,あるいは人間の行為が超自然的な力をもつとする考え方に基づき,その力を用いて目的を達しようとするものが呪術であるともいえる。…

【呪】より

…科学が客観的に事物に存在する力や法則を使うのに対し,まじないでは主観的に内在すると信じられている霊力を動員し利用する。呪力は事物の中に存在し,そこから独立できないでいると信じられる超自然的な力である。〈くわばらくわばら〉という雷よけの呪文,〈あした天気になーれ〉という子どもの呪文や,〈成れ成れ,成らねば切るぞ〉という成木責めの呪文は,自然や果樹の精霊に言葉のもつ呪力(言霊(ことだま))によって直接語りかけるものである。…

※「呪力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

呪力の関連キーワード邪術厭勝木呪い呪い呪い師蠱物魘魅スタハノフ運動蠱業呪い歌

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

呪力の関連情報