コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マニュアル絞り マニュアルシボリ

2件 の用語解説(マニュアル絞りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マニュアル‐しぼり【マニュアル絞り】

カメラで撮影する際、撮影者が意図する絞り値を手動でセットする方式。手動絞り。→自動絞り

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

マニュアル絞り

 レンズの絞りは、もともとは絞り羽根を撮影者が完全に手動でセットするものだった。ところが、 一眼レフ の発明で、シャッターボタンに連動する半自動絞り、そしてミラー作動に連動する 完全自動絞りが完成し、いまでは完全自動絞りが当たり前になっている。ところが、 レンジファインダーカメラ のようなカメラのレンズは相変わらず撮影者が手動で絞りをセットするようになっていて、これを自動絞りと区別するために、マニュアル絞りとか「手動絞り」と呼んでいる。レンジファインダーカメラではレンズを通して写る像とファインダーで見える像が別々なので、自動絞りは必要ない。なお、付け加えれば、マニュアル絞りのレンズのほうが構造がシンプルで、小さくできる利点がある。

出典|カメラマンWeb
カメラマン写真用語辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone