コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マノーラ Manora

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マノーラ
Manora

タイの古典舞踊ラコーン・チャトゥリーから発達した舞踊劇。南タイ地方およびマレーシア北部のケランタン地方で演じられる。その演技者の多くは,放浪する民といわれる。寺院の中庭で,南タイの悠長な音楽に合せて身体をしなやかに動かし,化粧し,衣装を身に着けていくことから始る。指にはきらびやかな長い爪をつける。太鼓の演奏者との対話形式で上演は進み,言葉の美しい流れと上品さが特徴。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のマノーラの言及

【マレーシア】より

…(4)マヨン タイに由来する宗教的な音楽劇。(5)マノーラ タイに由来する舞踊劇。(6)ジョゲト,ロンゲン インド,インドネシアに由来する古典舞踊。…

※「マノーラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マノーラの関連キーワード東南アジア音楽名雪佳代タイ舞踊

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android