コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルー Jules Malou

1件 の用語解説(マルーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マルー【Jules Malou】

1810‐86
ベルギーの政治家。1841年以後ローマカトリック教会派の国会議員となり,アントウェルペン州知事(1844‐45),大蔵大臣(1845‐47),ソシエテ・ジェネラル総裁(1848‐71)を歴任。46年結成され,翌年政権を獲得した自由党の反教権的・自由主義的傾向に危機感を強めたマルーらは,50年代から分裂しているカトリック勢力の統一と組織化に努力した。70年カトリック派のダネタン内閣の無任所大臣となり,さらにド・テウとともにカトリック内閣を組織し(1871‐78),大蔵大臣として鉄道敷設などに尽くした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マルーの関連キーワードイザイエネルギー準位エネルギー代謝熱エネルギーエネルギー学エネルギー平衡エネルギーレベルエネルギー・レベルベルギー輓馬 (Belgian Draught)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マルーの関連情報