コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルー Jules Malou

世界大百科事典 第2版の解説

マルー【Jules Malou】

1810‐86
ベルギーの政治家。1841年以後ローマ・カトリック教会派の国会議員となり,アントウェルペン州知事(1844‐45),大蔵大臣(1845‐47),ソシエテ・ジェネラル総裁(1848‐71)を歴任。46年結成され,翌年政権を獲得した自由党の反教権的・自由主義的傾向に危機感を強めたマルーらは,50年代から分裂しているカトリック勢力の統一と組織化に努力した。70年カトリック派のダネタン内閣の無任所大臣となり,さらにド・テウとともにカトリック内閣を組織し(1871‐78),大蔵大臣として鉄道敷設などに尽くした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

マルーの関連キーワードミラー(Henry Miller)シー・ウィル・ビー・ラヴドジェームズ バレンタインジェシー カーマイケルライアン デューシックアフロ・アメリカ文化トゥパック・アマルーサンシャインコーストカルメンという名の女カンタベリー平野アダム レビーンカドミウムレッドマルーチードールルモーンブラバンヒセーヌ ハブレエフェソス公会議ミッキー マデングワーハーティチャド解放戦線アシュバートン

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マルーの関連情報