コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルー Jules Malou

1件 の用語解説(マルーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マルー【Jules Malou】

1810‐86
ベルギーの政治家。1841年以後ローマカトリック教会派の国会議員となり,アントウェルペン州知事(1844‐45),大蔵大臣(1845‐47),ソシエテ・ジェネラル総裁(1848‐71)を歴任。46年結成され,翌年政権を獲得した自由党の反教権的・自由主義的傾向に危機感を強めたマルーらは,50年代から分裂しているカトリック勢力の統一と組織化に努力した。70年カトリック派のダネタン内閣の無任所大臣となり,さらにド・テウとともにカトリック内閣を組織し(1871‐78),大蔵大臣として鉄道敷設などに尽くした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

マルーの関連キーワード神谷源内植村文楽軒ポワントオクトーバーフェスト川尻浦の久蔵ソユーズ宇宙船佚存叢書エリーゼのために緒方洪庵小野蘭山

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マルーの関連情報