コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無任所大臣(読み)むにんしょだいじん

百科事典マイペディアの解説

無任所大臣【むにんしょだいじん】

明治憲法下,行政大臣として各省を担当しない国務大臣に対する俗称。現行憲法下でも行政事務を分担管理しない国務大臣が存在するが,この語はほとんど用いられない。
→関連項目行政大臣

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むにんしょだいじん【無任所大臣】

行政事務を分担管理しない国務大臣。内閣を構成する国務大臣はそれぞれ〈主任の大臣〉として各省の長官となり,行政事務を分担することを原則とするが,そうでない大臣を置くことが認められており,それをさす。各大臣が各省長官の立場にとらわれ,内閣における総合調整を困難にすることに対処するため有力な政党幹部を内閣に加えるとか,既存の行政組織に適合しない任務を遂行するとかなどの理由で置かれる。なお,その長に国務大臣をあてることとされている委員会および庁(国家公安委員会環境庁など)の長は,〈主任の大臣〉でないが,純然たる無任所大臣でもない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

むにんしょだいじん【無任所大臣】

特定の行政事務を分担・管理しない国務大臣。無任所相。 → 行政大臣

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の無任所大臣の言及

【大臣】より

…その他の国務大臣は内閣総理大臣に任命され天皇が認証する。国務大臣は通常行政各部の長として国政事務を分担するが,いずれの行政機関の長にも就任しない国務大臣〈無任所大臣〉を置くこともできる。国務大臣を長とせねばならない行政機関は国家行政組織法はじめ個別の設置法で定められている。…

※「無任所大臣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報