大蔵大臣(読み)おおくらだいじん

大辞林 第三版の解説

おおくらだいじん【大蔵大臣】

大蔵省の長である国務大臣。蔵相。
金銭の総元締めや、家計の責任者などをたとえていう。 「我が家の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おおくら‐だいじん おほくら‥【大蔵大臣】

〘名〙
① 大蔵省の長官である国務大臣。明治一八年(一八八五)の内閣制により、大蔵卿を改称したもの。蔵相。
一家の財政を握っているところから、主婦のことをいう俗語

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大蔵大臣の関連情報