マンガルヤーン(読み)まんがるやーん(英語表記)Mangalyaan

知恵蔵miniの解説

インドが打ち上げたアジア初の火星探査機名称は、サンスクリット語で「火星」(Mangal)の「乗り物」(yaan)を意味する。2013年11月5日午後2時38分(インド時間)、インドのアンドラ・プラデシュ州スリハリコタにあるサティシュ・ダワン射場から、PSLV-XLロケットに搭載され打ち上げられた。14年9月には火星に到達する予定。

(2013-11-7)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉の解説

インド初の火星探査機の通称。サンスクリット語で「火星の乗り物」を意味する。2013年11月5日にインドの国産ロケットPSLV-XLで打ち上げられ、2014年9月24日に火星に到達。カラーカメラ、赤外分光分析計、各種検出器を搭載し、火星表面や大気観測を行う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android