コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マントー・ド・クール マントードクール

百科事典マイペディアの解説

マントー・ド・クール

フランスのルイ王朝時代に着用された女性の宮廷礼服。裳裾(もすそ)(トレーン)を長くひくのを通例とし,身分の高いものほど長いのを使用した。日本でも1886年,袿袴(けいこ)に代わって女官の大礼服に採用された。
→関連項目ローブ・デコルテ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のマントー・ド・クールの言及

【服制】より

…洋式服制は,86年6月23日の宮内省内達で実現した。西欧宮廷と同様な大礼服マントー・ド・クールmanteau de cour,中礼服ローブ・デコルテrobe décolletée,小礼服ローブ・ミーデコルテrobe me‐décolletée,通常礼服ローブ・モンタントrobe montanteである。大礼服は新年式に着用する豪華な最高礼服で,トレーンを引き,その長さとお裾奉持の人数は,身分によって定まる。…

※「マントー・ド・クール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マントー・ド・クールの関連キーワード礼装

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android