コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大礼服 タイレイフク

4件 の用語解説(大礼服の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たいれい‐ふく【大礼服】

宮中の儀式・饗宴(きょうえん)のときに着用した礼服。官等または文官・武官により区別があった。明治5年(1872)に洋式の文官大礼服を制定。第二次大戦後廃止。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

大礼服【たいれいふく】

宮中その他の重要な儀式に着用された礼装の一種。1872年衣冠束帯の礼服が洋式の大礼服に改められ,文官・宮内官大礼服,陸海軍武官正装,有爵者大礼服,非役有位(ひやくゆうい)大礼服の種別があり,上着,ズボン,白ワイシャツ,白ネクタイ,黒エナメル靴,白皮手袋,大礼帽に剣を用いた。
→関連項目制服廃刀令ローブ・デコルテ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

たいれいふく【大礼服】

旧制で、宮中の重大な儀式の時に、着用する儀礼用の制服。官位・爵位によって区別があった。第二次大戦後廃止。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大礼服
たいれいふく

明治時代、宮中の盛儀や饗宴(きょうえん)に列席する人たちが着用する最高の礼装をいう。文官をはじめ非役有位者、有爵者、宮内官たちが着装した。わが国では古来より朝儀に列席する場合は束帯、衣冠などを着用していたが、1872年(明治5)装束類を廃止して、新たに洋風の大礼服を定めた。この服制は、のちにしばしば改定されたが、86年(明治19)12月になって、改定文官大礼服ができた。これによると、文官を勅任と奏任の両官に分け、それぞれ帽子、上衣、下衣、帯剣などについて細かな規定が設けられた。また陸海軍人の武官の制服にも、大礼服に相当する正装ができた。女子の服制を洋装に規定したのは1886年6月で、大礼服をマント・ド・クールmanteau de courとした。これら大礼服の規定は1947年(昭和22)皇室令とその付属令の廃止のおりになくなった。現在では燕尾服(えんびふく)、モーニングコート、女子はローブ・デコルテrobe dcollete、ローブ・モンタントrobe montante、あるいは白衿(しろえり)紋付などが用いられている。[遠藤 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大礼服の言及

【軍服】より

…例外は19世紀後期にアメリカ海軍が使いはじめ,イタリアと日本が追随した紺の立襟長ジャケット型士官服である。服装変遷の中では,ある時代の仕事着が次に外出着になり,その次には礼服に押し上げられるという現象があり,海軍士官服にこれはとくに顕著で,19世紀初期の二角帽と燕尾服は第2次世界大戦の勃発まで大礼服として生きつづけた。海軍士官は多種類の服を持つ規則で,1880年ころから1940年ころまでの欧米では,大礼服―立襟燕尾服,夜会服―折襟燕尾服,礼服―正肩章付きフロックコート,通常礼服―フロックコート,軍服―ダブルの背広型,夏服―白色立襟長ジャケットで,このほかに作業服がある。…

【服制】より

…これは日本改造論者福地源一郎(桜痴)が,〈突飛家の勝利〉と驚嘆したほどの大変革であった。 新服制には洋式の文官大礼服と通常礼服を定め,宮中祭服を残して,旧衣装はすべて廃された。大礼服は新年朝拝,元始祭,新年会,伊勢両宮例祭,神武天皇即位日,神武天皇例祭,孝明天皇例祭,天長節,外国公使参朝の節に,有位の官員が着用する最高の礼服である。…

※「大礼服」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大礼服の関連情報