マーガレット チャン(読み)陳馮 富珍(英語表記)Margaret Chan

現代外国人名録2016「マーガレット チャン」の解説

マーガレット チャン
陳馮 富珍
Margaret Chan

職業・肩書
医師 世界保健機関(WHO)事務局長

国籍
中国

生年月日
1947年8月21日

出生地
香港

本名
Chan,Margaret Fung Fu-chun

学歴
西オンタリオ大学(カナダ)医学部卒,シンガポール国立大学

学位
医学博士号

勲章褒章
OBE勲章

経歴
米国、中国でも学ぶ。1978年香港保健衛生局、’87年同保健衛生局首席医師、’92年同副局長、’94年同局長。2003年まで務め、その間に鳥インフルエンザや重症急性呼吸器症候群(SARS)対策の指揮を執った。2005年世界保健機関(WHO)事務局長補を経て、2006年11月同事務局長に指名され、2007年1月就任。中国人が国連の主要機関トップに就任するのは初めて。2009年新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)の警戒レベルを“フェーズ5”に引き上げる発表を行う。2015年米経済誌「フォーブス」の“世界で最もパワフルな女性100人”ランキングで62位となる。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android