コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーナサーラ Manasara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マーナサーラ
Manasara

インドでシルパ・シャーストラと呼ばれる古典的建築文書群の一つ。サンスクリット語で書かれている。マーナサーラは,「寸法の本質」を意味し,内容は建築全般にわたる。成立年代は,500~700年頃とされるが,異説もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マーナサーラの関連キーワードシルパシャーストラ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android