コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミアロリティック組織 ミアロリティックそしきmiarolitic texture

岩石学辞典の解説

ミアロリティック組織

深成岩や半深成岩の中の小さな不規則な形状の空洞の中に,周囲の岩石を構成する鉱物の半自形または自形の結晶が突出している組織.一般に斜長石が多く,稀に副成分を伴うことがある.これらの結晶は普通は岩石の主な成分のものよりも大きい[Fournet : 1845, Rosenbusch : 1897, Hatch, et al. : 1949, Bowes : 1989].イタリア・アルプスのバベノ(Baveno)近くの晶洞をもつ花崗岩はミアロロ(miarolo)として知られており,名称はこれからきているらしい.ちなみにイタリア語のミグリオ(miglio)は穀物のミレット(millet)で黍,粟,玉蜀黍のことである.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

ミアロリティック組織の関連キーワードエピ花崗岩

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android