コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミアロリティック組織 ミアロリティックそしき miarolitic texture

1件 の用語解説(ミアロリティック組織の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ミアロリティック組織

深成岩や半深成岩の中の小さな不規則な形状の空洞の中に,周囲の岩石を構成する鉱物の半自形または自形の結晶が突出している組織.一般に斜長石が多く,稀に副成分を伴うことがある.これらの結晶は普通は岩石の主な成分のものよりも大きい[Fournet : 1845, Rosenbusch : 1897, Hatch, et al. : 1949, Bowes : 1989].イタリアアルプスのバベノ(Baveno)近くの晶洞をもつ花崗岩はミアロロ(miarolo)として知られており,名称はこれからきているらしい.ちなみにイタリア語のミグリオ(miglio)は穀物のミレットmillet)で黍,粟,玉蜀黍のことである.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミアロリティック組織の関連キーワード半深成岩深成岩起源深成岩系列多孔状組織向斜深成岩体深成岩岩栓深成角礫岩黒雲母岩アルヴィカイトベフォルサイト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone