晶洞(読み)ショウドウ

岩石学辞典の解説

晶洞

岩石の中にある不規則な形状の空洞のことで,空洞の壁は鉱物の殻で囲まれている.熔岩中の蒸気孔や脈に見られる.この空洞の壁を作る鉱物が周囲を取り巻く岩石と同じ鉱物の場合が晶洞(druse)であり,殻を作る鉱物が周囲の岩石と異なる場合は異質晶洞geode)という[Phillips : 1816].がま(vug)も同じ意味である.晶簇[東京地学協会 : 1916].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうどう【晶洞 druse】

岩石や鉱脈の中に生成している空洞をいい,鉱山などでは俗称で〈がま〉ともいわれる。岩石の生成後に別の地質作用による特定の成分の分別によって空洞を生ずる場合もあるが,この場合は異質晶洞と呼ぶ。ガスや熱水の作用により生成した自形の美しい鉱物結晶の多くはこのような晶洞中に結晶したもので,石英脈の中の空洞に水晶の自形結晶が成長する場合などがそのよい例である。【湊 秀雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうどう【晶洞】

鉱床や岩石中の空洞。普通、内部に鉱物の自形結晶が並んでいるものをいう。がま。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android