コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミオ地向斜 ミオちこうしゃmiogeosyncline

岩石学辞典の解説

ミオ地向斜

地向斜の一部で緩やかな沈降地帯にあり,火山活動のないユー地向斜に関連している[Stille : 1940, Kay : 1951].真の地向斜である正地向斜はミオ地向斜の溝,ミオ地背斜山脈,ユー地背斜の山脈で構成されているのに対して,ミオ地向斜は低い程度の状態であり区別されるべきである[Aubouin : 1965].正地向斜の中で海底火山活動は著しくないもの[木村ほか : 1973].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミオ地向斜
みおちこうしゃ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ミオ地向斜の関連キーワードミオマグマティック地帯沿大陸地向斜

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android