コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミサ典文 ミサてんぶんcanon missae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミサ典文
ミサてんぶん
canon missae

ローマ典礼でミサの重要な部分。サンクトゥスのあとから主の祈りまでの間の固定された祈祷文。キリストの最後の晩餐を記念する祈りが中心となり,そこでパンとぶどう酒がキリストのからだと血に変化すると信じられている。 1960年代までラテン語で唯一の様式しか認められなかったが,現在はそれぞれの国語でいくつかの様式が認められている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ミサ典文の関連キーワードカノン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android