コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミニヤー al‐Minyā

世界大百科事典 第2版の解説

ミニヤー【al‐Minyā】

エジプト中部の都市で,同名県の県都。人口20万8000(1992)。古代エジプト時代にはペル・メマと呼ばれ,現在の名はアッバース朝カリフ,ハールーン・アッラシードの治世に税務長官だった人物の名に由来する。サトウキビやブドウ,アラバスターなどが特産である。ナイル川対岸にベニ・ハサンの岩窟墳墓,西の砂漠にはアシュムネイン遺跡やトゥーナー・アルジャバルの地下墳墓などの古代遺跡がある。【吉村 作治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミニヤーの関連キーワードフサイン ターハーターハー・フサイン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミニヤーの関連情報