コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミニヤー al‐Minyā

1件 の用語解説(ミニヤーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミニヤー【al‐Minyā】

エジプト中部の都市で,同名県の県都。人口20万8000(1992)。古代エジプト時代にはペル・メマと呼ばれ,現在の名はアッバース朝カリフ,ハールーン・アッラシードの治世に税務長官だった人物の名に由来する。サトウキビブドウアラバスターなどが特産である。ナイル川対岸にベニ・ハサン岩窟墳墓,西の砂漠にはアシュムネイン遺跡やトゥーナー・アルジャバルの地下墳墓などの古代遺跡がある。【吉村 作治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミニヤーの関連情報