コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミニュアス人 ミニュアスじんMinyans

世界大百科事典 第2版の解説

ミニュアスじん【ミニュアス人 Minyans】

ミュケナイ時代のギリシアの一種族。伝承ではボイオティアのオルコメノスを創建したミニュアスMinyasを祖とし,その付近やテッサリアのイオルコスに住み,またラコニア,キュレネ,テラ島,レムノス島などにもその子孫と称する人々がいた。ギリシア人か先住民かは明らかでない。シュリーマンが名づけた〈ミニュアス陶器〉は,中期ヘラディック文化に属し,たぶんミニュアス人とは関係がない。【清永 昭次】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android