コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミニ戸建て みにこだて

知恵蔵の解説

ミニ戸建て

狭小敷地に建つ1戸建て住宅。特に、既存宅地を細分化して建設される、敷地面積60〜80平方メートル以下で1階に駐車場を持つ3階建てタイプを指すことが多い。大阪では昔から多かったが、東京ではバブル崩壊後に急増した。1987年に木造3階建てが建てられるような法改正があり、これと地価下落が重なって、都心部でも3階建てにすれば1戸建てが購入しやすい価格になったことが理由である。これに対し、住環境を悪化させると、自治体が規制する動きも見られる。

(小林秀樹 千葉大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android