コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミリ波レーダー ミリハレーダー

デジタル大辞泉の解説

ミリは‐レーダー【ミリ波レーダー】

ミリ波帯の電波を利用したレーダー。雨・雪・霧の中や夜間でも、およそ100メートル以内にある物体の位置を検出できる。自動車に搭載し、追突を回避したり、前方の車に追随したりする運転支援システムに利用される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のミリ波レーダーの言及

【雲】より

…氷晶核は,冷却箱を用い,冷えた砂糖溶液内で氷晶を成長落下させて観測するなどの方法で測定される。(6)雲粒と氷晶 雲粒は酸化マグネシウム膜につけるなどして直接観測するほか,ミリ波レーダーや光冠の状況などによって間接的に測定される。氷晶はプラスチックフィルムに氷晶をぶつけてその形を測定するレプリカ法などによって測定される。…

※「ミリ波レーダー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミリ波レーダーの関連キーワードクルーズコントロール衝突被害軽減ブレーキ気象レーダーPGM

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミリ波レーダーの関連情報