夜間(読み)よんま

精選版 日本国語大辞典「夜間」の解説

よん‐ま【夜間】

〘名〙 (「よま(夜間)」の変化した語)
② 奉公人が夜間にもらう暇。逢引きなどに利用された。
※俳諧・崑山集(1651)九秋「はたおりは啼やむ程をよんま哉〈貞徳〉」

や‐かん【夜間】

〘名〙 日没から日の出までの間。よるのうち。夜中。よる。
※正法眼蔵(1231‐53)観音「夜間を日裏よりおもひやると、夜間にして夜間なるときと検点すべし」

よ‐ま【夜間】

〘名〙 夕方から翌朝までの間。夜。夜の間。やかん
※名語記(1275)二「よまを夜はと云へる歟」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「夜間」の解説

よ‐ま【夜間】

夜のあいだ。よる。やかん。
「―も昼間も三度栗」〈常磐津・角兵衛〉

や‐かん【夜間】

夜の間。日没から翌朝の日の出までの間。夜。「夜間飛行」「夜間照明」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android