ミルマンの定理(英語表記)Millman's theorem

法則の辞典の解説

ミルマンの定理【Millman's theorem】

図(帆足の定理を参照)のようなアドミッタンス Y1Y2 を含む回路で,Aと点1,2それぞれとの間の電位差 e1e2 が既知である場合,AB 間の電位差 eAB は次の式で求められる.

これを一般化すると

となる.これは帆足竹治が1928(昭和3)年に報告した,帆足の定理*であるが,米国ではミルマンの定理と呼ぶことが多い.ただしミルマン(J. Millman)の報告は1940年のものである.そのため帆足‐ミルマンの定理*と記してあるテキスト類も少なくない.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android