コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミングォンの鐘 ミングォンのかね

世界の観光地名がわかる事典の解説

ミングォンのかね【ミングォンの鐘】

ミャンマー第2の都市マンダレーから、エーヤワディー川イラワジ川)上流約11kmの対岸の町ミングォンにある梵鐘(ぼんしょう)。重さは87t、高さ3.7m、口径5mで、1790年にボードウパヤ王により鋳造(ちゅうぞう)された。吊るすタイプで、亀裂の入っていない梵鐘としては世界最大級といわれている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

ミングォンの鐘の関連キーワードミャンマー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android