コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミングォンの鐘 ミングォンのかね

1件 の用語解説(ミングォンの鐘の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ミングォンのかね【ミングォンの鐘】

ミャンマー第2の都市マンダレーから、エーヤワディー川イラワジ川)上流約11kmの対岸の町ミングォンにある梵鐘(ぼんしょう)。重さは87t、高さ3.7m、口径5mで、1790年にボードウパヤ王により鋳造(ちゅうぞう)された。吊るすタイプで、亀裂の入っていない梵鐘としては世界最大級といわれている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミングォンの鐘の関連キーワードアンマンパガンピンマナマンダレーミャンマーツインマーカーミャンマーの反政府デモミャンマーのサイクロン被害ミャンマーのゾウ在日ミャンマー人

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone