コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミンドン Mindon

1件 の用語解説(ミンドンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミンドン【Mindon】

1814‐78
コンバウン朝ビルマの第10代国王。在位1853‐78年。幼名はマウンルイン。第8代国王ターヤーワディの王子で,第9代国王パガンとは異母兄弟にあたる。第2次ビルマ戦争が起こった1852年,弟カナウン侯と共同で兄のパガン王に反乱,翌年,王位についた。就位後ただちに戦闘を停止させたが,インド総督によってペグー地方のイギリス領化が一方的に宣言されたため,講和条約の締結には死ぬまで同意しなかった。この屈辱的なできごとから気持ちをそらすため,57年マンダレー丘の南西麓に新しい王城を築いて遷都した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミンドンの関連キーワードビルマ戦争バウンドアウトバウンドデータアラウンパヤ朝インバウンドデータインバウンドトラフィックインバウンドリンクインバウンズツーバウンドインバウンドツーリズム

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミンドンの関連情報